メンズ脱毛3-13

永久脱毛の施術をしても、なかなか希望した仕上がりにならない、そんな悩みを抱える人は多いと思います。
脱毛方法には、それぞれ得意分野と不得意分野があります。
色々な方法を組み合わせて自分にベストな脱毛ができたらいいですよね。
同じ悩みを抱える人に、いまコンビネーション脱毛が注目されています。

コンビネーション脱毛ってなに?

脱毛方法はニードル脱毛とフラッシュ脱毛、医療レーザー脱毛の3種類とされています。
しかし、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は毛根の黒色に反応するため、日焼けした肌や乳首、色素沈着した肌には効果が現れにくいというデメリットがあります。

一方、ニードル脱毛は1本ずつ処理していくので確実ですが時間がかかり過ぎるというデメリットがありました。
そこで、2つの脱毛方法を組み合わせて、お互いのメリットを活かした新しい脱毛法がコンビネーション脱毛です。
まだ取り入れているクリニックやサロンは少ないですが、最短で確かな脱毛効果が期待できる方法として注目が集まっています。

具体的な内容はサロンによって違う

具体的な施術内容はサロンによって大きな違いがあります。
医療レーザー脱毛とニードル脱毛を合わせて行うクリニックもあれば、フラッシュ脱毛とニードル脱毛を組み合わせているサロンもあります。

部位によって施術の順番は異なりますが、大きくはニードル脱毛で全体を間引き、フラッシュやレーザーの施術を行う方法です。
最後に、どうしても残ってしまった毛をもう一度ニードルで1本ずつ脱毛して終了です。

たとえばヒゲは毛根が深く密集しているため、レーザーの出力を上げると火傷の危険性があります。
脱毛が難しい部位ですが、密集している部分だけでもニードル脱毛で間引いてレーザーで処置すると、早く確実に脱毛することができます。

料金はどれくらい?

コンビネーション脱毛は、まだ取り入れているサロンが少ないため全体的に施術料金は高くなりがちです。
分数で料金をカウントしている所が多く、キャンペーン割引があるケースは少なくなっています。

たとえば、クリニックで医療レーザーとニードルのコンビネーション脱毛を行う場合、ヒゲなら70分6万円の金額になります。
40分間ニードルで口唇部と下顎を処置し、その後30分のレーザーを全体に照射します。

早く脱毛を終えたい人は、最初の何回かをコンビネーション脱毛で処置し、後は通常のレーザー脱毛を行うという流れになります。

まとめ

コンビネーション脱毛は、それぞれの脱毛方法を組み合わせることで不得意分野を補い合う施術法です。
料金は他の脱毛方法より高くなりますが、最短で最高の脱毛効果を得ることができます。