メンズ脱毛3-10

永久脱毛なら繰り返しサロンやクリニックに通わなければいけません。
しかし、一度施術を受けると、次に脱毛するまで無毛になる期間があるのです。
せっかく脱毛したんだから、少しでも長く効果が続けばいいと思いますよね。
ここでは、脱毛方法別に効果が続く期間をご紹介します。

2ヶ月程度、効果が続くニードル脱毛

ニードル脱毛は毛が生えた状態で施術してもらい、その場で針を刺して毛を抜いていきます。
そのため、施術が終わった瞬間から毛が無いツルツルの状態になります。
しかし毛周期の関係上、2ヶ月くらい経つと休んでいた毛根からまた毛が生えてきます。
ある程度の毛が生えてきたら、また施術して無毛にするという流れです。

ただし、施術部位が広範囲な場合は一度の施術で全て抜ききることができないので、まばらに抜いて薄くしていく方法がとられます。
その場合、個人差がありますが2週間~1ヶ月程度のスパンで次の施術が行われます。

また、施術後すぐは毛穴の炎症が起こる場合が多く、肌の状態が落ち着くまで数日はかかります。
脱毛後にプールや海の予定があるなら、落ち着いた頃を見計らって計画するようにしましょう。

フラッシュ脱毛の効果は2~3週間程度。毛が抜けるまでにタイムラグあり

フラッシュ脱毛は、実は施術した当日に毛が抜けることはありません。
施術後1~2週間経った頃にポロポロと毛が抜け始め、人によっては無毛状態になります。

最も効果が現れる期間は施術後1ヶ月くらい経過してからで、そこから更に1ヶ月前後で新しい毛が生えてきます。
キレイな状態をキープできるのは2~3週間程度と考えておいた方がいいでしょう。
毛周期の関係上、こちらも2ヶ月に1度は施術を受ける必要があります。

医療レーザー脱毛の効果期間自体に大差なし。一度に抜ける毛の量に注目

医療レーザー脱毛もフラッシュ脱毛と同様、施術後1~2週間経過してから毛が抜け始めます。
こちらも毛周期から考えると、施術後2ヶ月頃から新しい毛が生え始めます。
つまり効果が続く期間だけで考えると、フラッシュ脱毛とほぼ同じであると言えます。

では一体何が違うのかというと、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも高出力のレーザーを使用するため、一度に抜ける毛の量が多くなります。
フラッシュ脱毛は施術を受けても効果が薄く、何度かフラッシュを照射しないと毛が抜けないこともあります。

そのため、平均4回程度の施術を受けないと無毛状態にならないと言われています。
医療レーザー脱毛も何度も施術を受ける必要がありますが、無毛状態になる効果が現れるのはフラッシュ脱毛よりも早いです。

まとめ

脱毛期間の効果を考える時のポイントは毛が抜け始める時期です。
フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛は2週間程度で毛が抜けるので、次に生えてくるまでの2~3週間は効果が続きます。
ニードル脱毛は施術後すぐに毛が抜けるので、2ヶ月程度効果が持続します。