メンズ脱毛3-6

フラッシュ脱毛はエステサロンで気軽に脱毛できるので、初心者でもトライしやすい脱毛方法です。
しかし、気軽で安い分、他の方法よりも効果が期待できないのでは?と思っている人も多いことでしょう。
ここでは、フラッシュ脱毛の特徴とメリット、デメリットをご紹介します。

2種類の脱毛方法。それぞれの特徴

フラッシュ脱毛にはIPL方式とSSC方式の2種類があり、IPL方式は黒い色に反応する特殊なレーザーで毛穴の奥の毛乳頭にダメージを与えて抑毛します。
仕組みは医療レーザー脱毛と同じですが、フラッシュ脱毛は幅広く拡散するタイプの光を使って広範囲をスピーディーにケアすることができます。

次にSSC方式は抑毛効果があるジェルを光で温め、毛穴の奥に浸透させることで抑毛を促す方法です。
IPL方式よりも脱毛効果が薄くなりますが、より痛みが少なく、細かいうぶ毛もしっかり脱毛することができます。
カメラのフラッシュ機能の様に強い光でムダ毛に働きかけ、同時に肌の角質やキメを整える効果もあります。

男性は毛質が女性よりも太くて濃い特徴があるので、ほとんどのサロンがIPL方式を採用しています。

肌に優しく痛くない!コスパが良いのも大きなメリット

フラッシュ脱毛のメリットは、まず肌へのダメージを最小限に抑えられるという点です。
完全に脱毛したい場合はサロンに何度も足を運ぶ必要がありますが、薄くなればいいという程度なら十分な脱毛効果を得ることができるでしょう。

また頻繁に通う必要があるので、立地条件が良い所に店舗を構えるサロンが多いです。
駅近くの便利な場所で複数のサロンが切磋琢磨しているため、ャンペーンを上手く利用すればリーズナブルに脱毛することができます。

デメリットは脱毛効果!抑毛を促す方法なので、中には生えてくる人も

フラッシュ脱毛のデメリットは、他の方法と比較して効果が弱い所にあります。
そのため何度もサロンに足を運ぶことになり、脱毛にかかる期間が長くなってしまいます。

また肌のメラニンに反応する光で脱毛するので、日焼け肌やホクロの周辺の毛は処理ができないという点もあります。
細くて色素が薄い毛にも効果が現れにくく、そのような毛が多い部位にはSSL方式を組み合わせて施術する必要があります。

フラッシュ脱毛はあくまでも毛母細胞を弱らせて抑毛する方法なので、完全な永久脱毛を約束するものではありません。
個人差がありますが、何度やっても毛が生えてくるという人もいるようです。

まとめ

フラッシュ脱毛は毛母細胞を弱らせて抑毛を促す方法です。
肌に優しい反面、期間が長く人によっては施術後も毛が生えてくることがあります。
長期間通う必要があるためサロン立地は良く、リーズナブルに脱毛することが出来るのも大きなメリットです。