1-12

人身事故を起こすのは、車やバイクだけではありません。自転車に乗っていても、歩行者や同じく自転車に乗っている人に衝突し、相手にケガをさせてしまえば人身事故扱いになるのです。

自転車による罰則も強化されている

1-10

近年自転車による交通事故が増えています。もちろん被害者になるケースも多いのですが、加害者になるケースが増加しているのです。そのため、自転車による刑罰の強化が進み、車やバイクと同じような罰則が設けられるようになりました。

例えばスピード違反ですが、普通の自転車であれば滅多にありません。しかし、競技用の自転車などはかなりスピードが出ます。そのため、速度超過してしまえば、当然捕まってしまうでしょう。

飲酒運転や信号無視などは論外です。なぜ自転車でも捕まるケースが増えるのかというと、自転車関連の事故が増えているからです。そのため、最近では自転車に乗る人も任意保険に加入することがあります。また、歩行者や自転車とぶつかり、人身事故を起こしてしまった場合には、車やバイクと同様の処置を行う義務があるので注意しましょう。

自転車の場合には人身事故にするのが普通

1-11

自転車の場合には、バイクと同じで交通事故に遭うと転倒することが多いでしょう。転倒したときには、知らずに強い衝撃を受けていることもあるのです。そのため、自転車で車にぶつけられて転倒した場合などは、人身事故として処理してもらうようにしましょう。

物損事故でよいのは、軽くぶつけられて転倒しなかった場合や、指などを挟まなかった場合に限ります。ほんのかすり傷であっても、後で人身事故にしておけばよかったと後悔する人もいるのです。

まとめ

自転車というのは軽車両扱いなので、当然交通ルールを守って運転しないと、捕まって反則金を取られてしまうケースもあります。事故を起こして加害者になれば、賠償責任も発生するので十分注意しましょう。